スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 comment:- trackback:-  ▲Top. よければクリックして下さい^ワ^ノ

2008年05月16日 [00:00:00]

ミサキズムメモ●02 中国大地震の前日に地震雲が日本で見えていた。

<5月12日>
●中国四川省で大地震が起こった。
  M7.8。 阪神大震災のニ十倍もの威力だったらしい。
  日を追うごとに被害者数がうなぎ上りに増えている。コレを書いている時点で2万人を超えそうだという。
  一人でも多くの人命が救われることと、被災した人たちの復興を祈るばかりだ。
 一市民としては、義援金という形でしか応援できないが、本当に頑張ってほしい。

●そして、私に出来るもう一つのこと。 それが『地震雲による地震予報』だ。
2008年5月11日撮影。(中国四川省の大地震の物と思われる地震雲) 実は中国大地震の前日夕方、 巨大な壁雲を写真に撮った。
 (2008年5月11日18:37撮影・ロケ地:大阪府枚方市)

 壁雲とは、地震雲の一種で、空を二分するかのように一直線上の巨大な雲が横たわる現象。
 これが現れると、その方角で大地震が起こることが多いので、注意が必要。

 それが左の写真だ。
2008年5月11日撮影。(中国四川省の大地震の物と思われる地震雲)同日17:27に撮影したもの。
■飛行機雲などとの違いは、「鮫肌」のような模様をしていること。
 そして、前述のように、空を二分するかのような一直線かつ壁のようになっている雲。

 地震が発生する方角は、「その直線に対して直角方向」か、「地平線に向かっている方角」で起こることが多い。

 また、この手の雲は、地震が起こった翌日にも浮かぶことが多いので、翌日また同じように壁雲が出たからと言って、取り立てて心配する必要はあまりない。(余震には気を付けるべきだが。)

■今回予想外だったことは、「まさか海外だったとは」ということ。
 『地震が起こるかもしれない』と分かったときには、すぐに『Twitter』にて書き込みをするものの、私の予想の範囲はあくまでも『国内』のみ。 まさか中国で起こる地震の前兆となる雲が、日本で見られるなんて思ってもいなかった。

 今回ギリギリ正解だったのは「方角」のみ。 「壁雲」だったので、起こるとすれば「大地震」なのは言わずもがな。
 今後もこういった前兆が分かった際には、『Twitter』やこのブログでいち早くお伝えしたいところだ。

●ちなみに、Twitterでの、私の該当書き込みは以下の通り。

Twitter顔絵アイコン misakism これは枚方から西の方角だな . 05:29 PM May 11, 2008 from web
 misakism 壁タイプの地震雲出てる~ . 05:29 PM May 11, 2008 from web

 緊急性に欠けた言い方だな~と我ながらに反省。
 このブログを半年間休止すると宣言したこともあり、予報を怠ってしまったのも悔やまれる。

 これから地震予報をTwitterやこのブログでする時にはもう少ししゃんとしよう。

■ちなみに、これまでの実績で大きいものとしては、
 鳥取地震、中部地震、北海道。 今回のも数に入れて良いのだとすると、4つになる。

 震度2程度の小さいのも入れると結構な数が的中している。

日記 コメント:1 トラックバック:0  ▲Top. よければクリックして下さい^ワ^ノ

コメント一覧

◇この記事へのコメント◇
日頃の、忙しさにかまけて、
地震雲の存在さえ忘れてましたが(汗)、出ていたんですね…。

それにしても、かなり遠くの地震のが出た物ですよね…。
(規模が大きいので、当然かもしれないですが…)
2008/05/18(日) 21:25:08 | URL | NTH #wvQ25v4Y[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。